グーグルフォト/容量が制限付に!サーバー以外のデータ保存方法は?

エンタメ・人物

こんにちは!

今朝のニュースの見出しで目にしたこちら。

私は、スマホの写真データを自動バックアップするのに使用しています。

記事内に「上限15GB」とあるのですが、自分の容量を確認してみたところ…

使用データ量が3.6GBでした(^^;)

とりあえずは、まだまだ大丈夫なのですが、いつ上限が変わるのかも、サービスが終了してしまうかもわからない危機感を覚え…。

グーグルフォトについて、何が変わるのか?の詳細と、写真などのデータをサーバーに頼らず保存する方法として、どうするのが一番良いのか検索したものをまとめてみましたので、お役に立てれば♪

グーグルフォト/容量が制限付に!サーバー以外のデータ保存方法について

グーグルフォト/容量が制限付に!詳細について

見出しにもあるように、グーグルフォトの無料バックアップ容量に上限ができます。

期間:2021年6月1日~

容量:~15GBまで無料 

  • 保存容量にカウントされるのは、2021年6月1日以降に作成または編集されたファイルのみ。 
  • すでにアップロードされているファイルは引き続き容量無制限で保存される。

また、グーグル側として

  • ほとんどのユーザーは保存容量の上限に達するまで数年かかる
  • 対応が必要なお客様にはGoogleから連絡する
  • 写真、動画、ファイルなどのコンテンツをGoogleアカウントにバックアップする頻度に基づいて、保存容量を使い切るまでの予測日数確認ができるようにする

と回答しているようです。

15GBを超えた分については、グーグルワンで追加の保存容量を購入するか、コンテンツを削除する必要があるとのこと。

グーグルワンでの追加容量の金額は、

100GB月250円
200GB月380円
2TB月1,300円
10TB月13,000円
20TB月26,000円
30TB月39,000円

*詳細は公式サイトでご確認ください。

写真をたくさん撮る方でも、月に数百円で済むようです。

サーバー以外のデータ保存方法はどれが良い?

では、サーバーに頼らず保存する方法(メディア)はどれが良いのでしょう?

私自身、USBメモリースティックに保存したり、SDカードだったり、DVDだったり…。

せっかく撮った写真や、大切なデータですので、一番良い方法で残したいですよね!

調べてみたところ、一般的に使われるものでの長期保存を目的としたものであれば、

 1.ハードディスク(HDD)

 2.光ディスク (CD、DVD、Blu-ray)

 3.フラッシュメモリ (SSD、USBメモリ、CFカード等)

上記のようになるようです。

長期保存用光ディスク(BD-R、M-DISC)というものが寿命的には一番長いようですが、それぞれ対応した機器を購入しなければなりません。

また、聞きなれないので個人的に使いやすさやトータルの価格などにも不安があります。

HDDやDVDなら、価格の予想もつきますし、今すぐにでも対応できそうですよね。

私自身、まだ勉強不足のところもありますので、長期保存用光ディスクについても今後調べてみようと思います。

まとめ

「グーグルフォト/容量が制限付に!サーバー以外のデータ保存方法は?」について、いかがでしたか?

サーバー容量に余裕のあるうちに、他の記憶媒体にもコピーしておきたいところです。

1つのものに頼ってしまうと、壊れたり紛失したときに焦ってしまいますので、2つはデータを持っておくと安心ですね!

あまり多すぎて管理できなくなるのも困りますが…(^^;)

ご自身にあった保存方法を試してみてくださいね。

ちなみに私は、取り急ぎDVDに保存しておこうと思います。

年末年始、片付けの季節でもありますのでやってしまいましょう♪

では~。

コメント